11月3日(木)② ふみいちへのいざない

fumi fumi sta~ti~on ♪  どうする? 
もう今年のカレンダー ペラペラになってしまった
毎月 ふみいちがやってくるのも 早く感じるようになり・・・ねえ

先月は残念なことに お見事さんが ひっとりもいなくてさあ
ノーヒントの方がいい なんてことになっていたけど 考えてしまった

>でも、文さん もしかして、多忙だから・・・当選者ナシ?(笑)
☞ てなことを言う人もいましたが  
  こういう事後操作みたいな類は 私の性格上 あり得ませんからねえ
  怒髪天

たとえば 10月の『名曲カバー』 の場合は
そのカバーの出来で 選ぶでしょう
すなわちカバーしても 元唄そのものを良さを出しているのか 
それとも まったく別物になるか 
そのどっちかが ナイスカバーだと思う 
論外は 「結局元唄がいいのだから(誰がカバーしても)そこそこ」 という
姑息なヒット狙いね
だから アルバムすべてがカバー曲 というのには まず興味ないな

いずれにしろ一般論としては せっかくカバーするなら 
カバーシンガーの個性で その元唄を 歌いこなしてほしいと思うでしょう

だから今回の10曲のなかでは  歌いこなしてもいて かつまったく別物 
つまり 歌謡曲に仕上がっちゃってる
という(個人的な評価で) みずえちゃんの唄う 「私はピアノ」が 
ナイスカバーのなかでも トップなんだ

たとえば 坂○冬○さんが カバーすると どんな曲でも冬○節になっています
けれどそれと このみずえちゃんの「私はピアノ」は ちょっとちがう
とはいえ 調子に乗ったネクストの「そんなヒロシに騙されて」は 好みじゃないんだなあ
これが このみずえちゃんの「私はピアノ」の 高ポイントなところなのさ

次に ふみいちの楽曲の 好みね
これはね 歌詞にしろ メロディーにしろ  あざとさが見えるのは却下
とりわけ シンガーソングライターの作品は
そのひと そのものが出てくるので  その歌い手の人間性が好みでない場合は
まず ふみいち には入らない     はず
例外で その人柄を踏まえても  
楽曲が図抜けて素晴らしければ・・ 選ばざるを得ないけど

けれど 歌謡曲に関しては  ヒットメーカーの楽曲は 
その御大の お人柄には関係なく
これは 職人気質の ハイレベル作品として 文句なしに脱帽
たとえば 筒美京○さんや 阿○悠さん  ピンクレディーの都○俊一さん なかに○礼さん・・・
とにかく すばらしい  NMでは 松○隆さんも そうでしょう
もちろん 百恵さんの 宇○夫妻   ジュリーやアンちゃんの 湯○れい子さん・・・ 
とはいえ 作品にはそのひとが出ているはずですけれどね


歌い手さんに 関してはね
そりゃあ みてくれが美しい方がいいけれど 
それは 美人であるとか イケメンであるとかは 関係ないね
顔付きに 品のある人 これが基本です それはパーツひとつでもだめならもうだめ
たとえば その人の素晴らしさやカッコよさは認めるけれど
好みでいうなら その人の口元が品がないので 好き嫌いでいうなら 好きじゃない
なんていうわがままもアリ (例:○○○pの木○○○)

でも ハンパないなら好きなんだ
宮史郎さんや 宮路おさむさんなんて シビレるもんね~ いいな~(´艸`)

ま ふみいちに関しては 歌い手で選ぶというのは 稀でしょう
ジュ○ーが歌っていても 好きじゃない唄は ありますからね・・・


歌声はね
クリアすぎるよりは ハスキーの方が好みだわ~ん
でもさ 桑○君が歌うなら すべてOKというわけでもないよ
今度はその歌い方  になってくるのだから




う~ん  私の好みはむかしっから ぶれてへんで~ と思うのだけどな





ますます悩む????  ま こればかりは嗜好ですからね えへへ
[PR]
by DJfumi | 2011-11-03 18:19 | うる星やつら ラム talk | Comments(16)
Commented by あさのすけ at 2011-11-03 19:57 x
次回のふみいちから参加しまぷ。当てるぞ~
Commented by 金色ライオン at 2011-11-03 21:15 x
文姉さん、みなさん、こんばんわ。

こんなに長編の解説。初めて読んだ。

ふみいちは、

わかっちゃいるけど、当てられない。

と、スーダラ節の世界です。


文姉さん、感性が鋭すぎるんです。

だから、その奥深さにどこまで踏み込めるか、こちらも
感性を研ぎ澄ませて選ばないとお見事には到達しないと
心得ております。

時間をかけずに、えいやーで選ぼうものなら、100%撃沈です。

お呼びでない。こりゃまた失礼!
ってやつですね。


やっぱり1曲ずつ向き合って選ぶと、当たることもある。
ここがポイント。
それでも当たることもある程度なんです。

まっ、お見事になったら、ちょっとだけ近づけたかなと
勝手に思うわけです。

しかし、ふみいちは肩肘張らずに楽しむのは基本中の基本。

そのうちなんとかなるだろう♪

お後がよろしいようで。

11月も頑張ります。
Commented by misia&momo at 2011-11-03 21:19 x
曲を纏めていますが最近まったく当たりません。
う~ん、嗜好が・・・難しい・悩みます。
歌手、作詞、作曲者の傾向はあると思うのですが・・・
毎月23日を楽しみにしています。

Commented by ま~ちゃん@OSAKA at 2011-11-03 22:43 x
枕並べて討ち死にしたふがいない舎弟たちに超丁寧なご解説、ふみいちが続く限り、永久保存にいたします。
読んでみて改めて文姉さんのツボの奥深いこと。なかなか難しいですが、僕自身「私はピアノ」はみづえさんの方だけど「そんなヒロシ~」は原坊のほうが好き。指名した「秋桜」はさださん版もめっちゃいい。そんな感じで考えるってことですかねえ。
Commented by ICPO_TOKYO at 2011-11-04 17:08 x
すみません。本当にそう意味じゃなくて・・・言ったんですけど。(涙)
本当に申し訳御座いませんでした。
それと、無理せず【あ・お・い・く・ま】で乗り切って下さい。
毎月実施されている【ふみいち】の裏話が聞けたようで嬉しかったです

本当に、カレンダー残り1枚で時間の経つのは速いなぁ~と
カレンダーを見る度にビックリしています。
余り長く書くと、言い訳がましいので・・・この辺で。
誠に申し訳ありませんでした。以後、気をつけます。
Commented by Ataru-0413 at 2011-11-04 19:47 x
カバー曲と言えば、Fumiのラムソング。
実はつい最近までこのCDの存在を知りませんでした。
FumiさんVer.の「愛はブーメラン」、サイコーでした。
今、通勤の車中で聞きまくってます!
Commented by flat-lake at 2011-11-04 19:55 x
Ataruさん、フミのラムソング良いですよね~私はロックザプラネットが好きです♪ CDジャケット写真の文姉さんも好きな作品です!
Commented by shima411 at 2011-11-04 22:50 x
文姉さん、今回はいろんなヒントがいっぱいですね~^^

え~とメモメモ、何かいろいろと迷ってしまうところも有るので自分なりに整理してっと、メモしても当たるかどうか分からないのが「ふみいち」ですね。

これで少しは考えやすくなったかな?余計に迷ったりして^^

まあ いつものように参加することに意義があるで行きますよ~
何時ものごとく ハズレ街道まっしぐら ということで~す^0^
Commented by 仙台の孔雀 at 2011-11-06 09:48 x
文さん、あおいくまの「く」

み~んな、ちゃんと文さんのこと理解してると思います。

Webは書き手の感情が見えないので、時として軽い冗談めいたものが、真剣な批判に聞こえてしまったりするようで、、、難しいです。


おっと、文年の残された文の日は、全部祝日だ。祝祝祝!
Commented by アリテレ at 2011-11-06 11:48 x
「あおいくま」の「お」は「大人」の「お」です。
Commented by ま~ちゃん@OSAKA at 2011-11-06 17:33 x
あ・お・い・く・ま。「走れ」から30年、ぼくの信条にしてます。全然できてはいないんですけど。。。
Commented by しぶーの at 2011-11-06 19:37 x
文姐さんはクラシックは聴かれるんですか?
Commented by a at 2011-11-06 20:06 x
flat-lakeさん、resありがとうございます。
良いですね~ロック・ザ・プラネット!
優しい声で歌う曲が多い中、異彩を放つのがコレと
もうひとつ、Super Bestの中にある「I'm a Writer」
でしょうか?
こちらもなかなか良いですヨ。
Commented by Ataru-0413 at 2011-11-06 20:08 x
すいません、名前を打ち間違えました。
×:a
○:Ataru-0413
Commented by いぬやしゃ at 2011-11-07 08:23 x
金色ライオンさんに一票☆私の考えが近いほうです。
Commented by 金色ライオン at 2011-11-08 17:23 x
文姉さん、いぬやしゃ様、みなさん、こんばんわ。


↑いぬやしゃ様
このように一票頂けると
元気になれます。

ありがとうございます。