カテゴリ:築地魚河岸 裏ヨメコラム( 189 )

♪fumi fumi sta~tio~~n ♪♪ お天気はどうにかもって 築地の祭りも無事終了~~

築地は商いの町だけあって みな 氏神様への敬愛は深いのね
だから 御霊(みたま)の入った神輿渡御(みこしとぎょ)にも
気合が入る

私は同じ東京でも 住宅街で生まれ育ったので
ヨメになるまでは 神輿を担ぐ習慣は 皆無
こんなことになるとは 夢にも思わず  
     ↓

かれこれ四半世紀になりますんで
ようやく 少しずつなじみ始めた かな

今年は 築地をまったく知らなかったという人たちが
築地の町にも 祭りにも 神輿にも興味を持ってくれて
(小川サンを慕って?) 参加したいと申し出てきてくれました
ま それが 生粋の築地っ子=江戸っ子である小川サンにとっては
とてもうれしいことだったようです

地元愛だよ 地元愛


d0082944_23343025.jpg



d0082944_23272753.jpg

d0082944_23274999.jpg






[PR]
♪♪ fumi fumi sta~tio~~n ♪♪  あら~~ん 梅雨入りドカンときちゃいました 東京・・
う~む 雨を恨むわけではありませんが
今週末は 築地の町の氏神様 波除稲荷神社の 夏越し獅子祭り なんですがね
この天気 どうよ

だいたい毎年 6月の第一週の週末は 土日のいずれかが雨にあたることが多いんだわ
あああ 明日から ど~すっかな。。。
築地衆は なっちゃったもんは仕方ない が信条ですし
雨っくらいなんてこたあねえ  なんでしょうな

ま なるようになるか

ところで 5月のお見事カード 5名のみなさまに投函いたしました 
待っててね  うふふ

旧パソも 「買い替えサービス」で 引き取ってもらう手続きしたし
今週末の祭りがすむと 私なりの節分け って感じです
 
なわけで 明日は雨でも築地に入りびたりなので
23時からの ツイキャスはお休みさせてくださいね~








[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪

【八戸せんべい汁披露イベントは 12月15日(土)です~】
 @築地千秋はなれ 18:30より 

今般悲願のB1グランプリを獲得した、八戸の冬のおうち鍋=八戸せんべい汁!
とはいえ せんべい汁ってあのピーナツなんかが入っている
「甘い南部せんべい」を入れるの!?  と想像なさる方が多いのです
いえいえ
塩味で しかも煮込んでもクタクタにならない
鍋用の特製「汁せんべい」なるものがあるのです
そこで・・

グランプリレシピ しかもグランプリ時に使用した
ザイケ真幸堂さん謹製の汁せんべいを 取り寄せての
本場八戸せんべい汁を 千秋はなれにて再現いたしま~す(^O^)/

基本は鶏肉と豚肉のしょう油ベース味
具は 各ご家庭で多少のちがいがありますが
ゴボウ ニンジン 糸こんにゃく キャベツの芯部分 などが基本です

当日は 鶏肉は1丁目の宮川鶏卵さん 豚肉は場外の近江屋さん
野菜も つま敬さんから調達するので かなりイケるはずです
そしてもうひとつ 千秋(特製)海鮮鍋でも 
最後のうどんの替わりに その汁せんべいを入れて 召し上がっていただこうと思っております
刺身等のさかなは、八戸産を調達いたします(^O^)

お代はおひとり様 ¥5.000.-(税込)

土曜日ですので
ご家族でのご参加も すでにいただいています
たのしくおいしい会にしたいです いかがでしょう
ご都合のつく方は どうかお電話でのご予約をお願いいたします
03-3543-8700 @千秋はなれ です

写真は08年1月に開催した【鍋三昧】開始前のショットです
d0082944_2155332.jpg



このころから、八戸せんべい汁大使、してたのねワタシ。

すでに召し上がった経験のある方は
当日は 不肖私「八戸せんべい汁大使」とともに 思い出などもご披露を
お願いしちゃおかな(^O^)/

d0082944_2162786.jpg
[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪  おひさのわたし・・
今日明日は 築地本願寺の 築きな祭(きづきなさい)

予定は下記の通りで  全国のゆるキャラも集合だそうですぅ
境内では 千秋が初の出店  はなれにてご好評いただいている
サバの味噌煮を 販売することになり
小川サンは 8時前に出かけていきました
ご飯は 煩雑になるので おむすびにして販売するそうです


【築地本願寺文化財登録・本堂修復記念行事】
-キズキナサイ(築きな祭)2012- 
(10:00~16:00※入場無料)

11月10日(土)
10:00 開場  
11:30 頃~ ゆるキャラと銀座パレードを数奇屋橋より開始
(東京都中央区銀座4丁目~銀座5丁目) 晴海通り、数寄屋橋、昭和橋通り等
13:00~13:30 築地本願寺特設ステージにて随時イベント
15:00 ゆるキャラ大集合(撮影大会)
16:00 イベント終了


11月11日(日)
10:00開場 
10:30~ ゆるキャラ餅つき
11:25~ ゆるキャラ綱引き
12:50~ ゆるキャラグランプリ 以降 特設ステージでイベントあり
15:00  ゆるキャラ大集合(撮影大会)


築地本願寺境内には築地の場外店が出店
ほかに 全国各地の物販、飲食なども出店
ゆるキャラパネル展も実施 (特設ステージでは各地の民謡や伝統芸能の披露)

ということですー  いらしてねლ(´~`ლ)


ついでながら 10日(土)は 千秋本店のみ営業
11日(日)は 本店&はなれ共 定休日です
[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪  PCで本を読むというのも だんだん馴染んできました
書籍の場合は PCででも ちゃんと 縦書きですからね 
縦書きというのは 文章としての日本語が 
脳に正しく入ってくるような そんな感じなのね

さて お馴染みの「築地魚河岸三代目」は 
単行本ではすでに 35巻 発売になっていますが
いまやこれも ちゃんと PCで読める ようになっています
もちろん スマホ対応もできているのね  すごいよね~
で ソニーリーダーさんからも でておりますよ~ いいな
持ち歩きも さかな検索も 楽になったなった うん

この単行本の 巻末付録として掲載されていた
「小川貢一の 超簡単!魚河岸レシピ」も 
このたび ソニーリーダーさんが 一冊にまとめてくださったのですよ
正しく表現すると 小学館と(ソニーの)ブックリスタが企画した
オリジナル電子書籍 ということで
こちらが 春編 こちらが 夏編 となりました
料理も あらたに写真撮影をして 新掲載!
撮影はたいへんだったけれど 仕上がりページを見ると美味しそうなので 報われるな・・

詳細は こちらの記事でね
下の方に その料理写真が ちょこっと載ってますね
料理も 文字の筆跡じゃないけれど これ 小川サンの料理だって感じがするな
おもしろいものですね

ついでながら 自分でも気に入っている一冊も うれしいことにソニーリーダさんが
電子書籍にしてくださったのですよ わ~い(^O^)/
「築地魚河岸嫁ヨメ日記」ざんす  ¥388 って うれしいなあ

ソニーリーダーさんからの 書籍配信なので 
上記Kinoppy  などからでも購入可能 というしくみね 
なので windows系 PCも スマホも アップル系も対応 ということで
なんといっても 試し読みが7話までできる  よっしゃっლ(´~`ლ)

こちらがインタビュー記事
この嫁ヨメ日記は まだ書籍化されていない分も  今後まとめて
年内には 完全版を こしらえていただけるそうです
イケてますね ソニーリーダーさま(^^)  書き下ろしも入れちゃおかな うふふ


そうそうインタビューといえば こんなのも配信されてます
どっちも ふむふむ って内容かいな?


d0082944_2018544.jpg

[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪

17日(金)東京は 夜はちょっとだけ みぞれ模様でした

芥川・直木賞受賞式が あったけれど
この会場の 東京會舘というのは
イメージ的には 東京人の通好みの場所 という感じが 私はする
とりわけ築地の人たちは、東京會舘 贔屓にする
喫茶のマロンシャンテリーや クラブハウスサンド 
そしておみや用の プチフール ショートケーキもいいな
どれも昔っから 同じ味でね

片や、長年選考場所になっている 料亭・新喜楽は
築地にあるのね 前にも話したけれど
場外には 朝からあれだけ買い物客が来ているけれど 
それを知る人は おそらく ほとんどいないのではないかな

「千秋」から、歩いて100歩w
選考当夜の表通りは 店を囲むように黒塗り車が連なるので
その特別感は 部外者の私でもワクワクする
永田町の 黒塗りが連なっている夜とは なんか 匂いが違うのよね

このあたりの一角は かつては花街であったということ 
だから 新喜楽の目鼻先に 同じ 料亭・金田中(かねたなか)があるのも
その名残 なのでしょうね

戦前生まれの築地の大旦那衆は 
小学校へも この一帯を抜けて通っていたわけだし
今も 新内などは お手の物
粋が匂い出ているのも 当たり前 ということかもね

艶っぽい というのも  いいよね
[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪  1月8~9日に 訪れた五島
いまだ余韻を引きずっている というのは  旅ものとしては まれですね

てなことで まとめに入りました?
「地魚万歳!」の方に  五島話 その4 として
きびなごの鍋 その正しい食べ方編 とでもいいましょうかね

とにかく 初体験 詳しくは ↑ を

d0082944_1335556.jpg





ところで みなさま 覗いてくださり ありがとうございます!
どうも ガツガツできないんだなあ・・・
しかし 閲覧数は多い方がいいようなので  TWにも書いた
[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪  はいな 底なしの胃袋が欲しかった
五島・福江島 食い倒しツアー でした
といっても さかなか芋かうどん でしたけれど
久しぶりに 身体が重いです   思い出は重いで~~ ってやつですww


さて 早速にそのレポートを 朝日新聞アスパラサイトに アップいたしました
写真をちぇ~~っく

「遠洋漁業」は  やはり おもしろかったです


[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪  小川サンとも 自宅で食事
ということは まずできませんね
ついでに 義母と3人で というのも 日曜以外は不可能です

今夜は サッカーを口実に 義母宅にて晩ごはん
小川家は誰もマメなので 義母は義父亡きあとも
おかずは ホントにまめにこしらえています
たくさんこしらえて 知り合いに配ることも あいかわらずで
ま 当分ボケないよ と 我々は安心しています

タコは アフリカ産が やわらかくて美味しいです
これはホント

d0082944_36513.jpg


タコのマリネは おいしいよね


それにしても バルサのパスサッカーは 美しい・・・
[PR]
fumi fumi sta~ti~on ♪ FB上に 
すし店 すきやばし次郎さんのことが 映画になる という話があったので
それを受けて 以下 覚書です 



そうそう 思い出した。
・・・この店とこの大旦那さんが いまのようになったのは、
おそらく
(幾人かの方も思っていらっしゃるかもしれない)、里見真三(さとみしんぞう)さんの、
この本  http://amzn.to/rDNOMl もきっかけのひとつだったのではないか。
私はそう思っている(この店が好きか否かは別問題)。

1997年発刊。かれこれ四半世紀前のこと。
不遜にも「やっぱり表紙は『里見スタイル』なんですね」なんて伝えてしまってた。

昭和の時代に、文春文庫から発刊されていた、ベスト・オブシリーズ。
あれを仕掛けたのも(まだ文春社員だった)里美(当時はご本名の内藤厚)さんで、
ベスト・オブ「丼」も「ラーメン」も、
表紙が、真上からのショットや、それの原寸大写真も掲載されていて、
当時はホントに度肝を抜かれたわけ。  http://amzn.to/uSrRYU
まだネットはおろか、ファクスやワープロがちらほら、という時代ですね。

加えて、多分「B級グルメ」なる言葉が浸透したきっかけもそのジャンルの確立も、
やはり 里見さんがからんでいらした この一連のシリーズもの
http://amzn.to/usWMSG
ではなかったかな、とも 素人ながら勝手に思ってる。
これらが発刊されていたのだって、いまから30年以上前のことなんだ
(ついでながら、このB級シリーズのなかに、築地場内の食事処も掲載されていて、
喫茶「愛養(あいよう)」のトースト切りなんてのは、
ヨメになる前にこの本で学習してて、
ヨメになったらこの店が小川家の親戚筋だと教わって・・)。

出会えたのは このころ(@玉川学園マスコミ会。氏は大学はK大)で、
原寸大の真上から丼ショット、当時文春社内では下品だと酷評されたんだ、
なんて話してくださいました。

個人的な話になるけれど、
自分の味覚レベルの方向性を後押ししてくれたのは、
そのころの 里見さんの一連の作品本だった、と、今思う。
だから築地に嫁いでも、愉しかったのだとも。
築地話もさせていただいたけれど、
それが2002年に、さっさと彼岸を渡っていってしまった。
毎月「文芸春秋」誌に、全国のお気に入りのすし店を連載してらして、
それが形として残っている、最後の作品であるかなあ。
「千秋」ができたのが04年なので、いらしていただくのは叶わなかった。

 
で、その里見さんの味覚センスを、
出会った当初から信頼、敬服していた根幹は 何だったのだろう。
当時は私はまだ20代で、思慮も浅く説明がつかなかったけれど、
ありがたいことに、こんな対談がありました。
http://www.1101.com/fujin-ido/141index.html
ネットさまさまですね。

「エロス」。 たぶんそうなのだと思う。


「人間最後は色気と食い気よ」は、築地の大旦那さんから、
さかなの目利きよりも 先に教わった物言いで、
じゃあホントの最期は どっっちが残るのよ、なんてことを
話題にもしているけれど、
ひょっとすると、そうじゃあないのかも。
両者が 芯の部分で融合していてこそ、
ヒトとして、ホントの最期の「口福」を体感できるのかもしれない・・。ちがうかな。

「粋」とは ☞ 気持ちや身なりのさっぱりとあか抜けていて、しかも色気をもっていること。

里見さんの味覚センスには 粋さがあった(偉そうにスミマセン)。
けれど思い起こすと、しみじみ・・。

ご著書「すきやばし次郎 旬を握る」(97年・文芸春秋)には、
握りの原寸大、肩観音開きでのマグロ切り身の原寸大、
店主との対談なども 掲載されています。

同じエロスでも、想像するに
たとえば篠山○信さんの(すしに限らず)食べ物ショットって、
どんななのでしょう。
里見さんの(対談ではなく)文章(の方)は、
男気のある、削ぎ落とされた「さっぱりとあか抜け」ている文章。
寿司とも合う。

私は、そう思う。

d0082944_19231375.jpg



[PR]