「うる星やつら」の原作者 高橋留美子先生の脅威
「うる星やつら」が テレビアニメ化されて以来
それ以来 四半世紀近く いまだにその作品の数々が
ずっと 途切れることなく 電波に乗り続けている
ということです

その留美子先生(私はそうお呼びさせていただいています) を
もっとも尊敬している点は ふたつ

ひとつは  普通に 生きる

この 人間が最も困難とする 理想の生き方を
留美子先生は いともフツーに 普通に生きる ことを
ほんとに フツーに実践なさっていらっしゃる
少なくとも 私の目には そう映る
気負わない 気取らない ちっとも尖がっていない

そして もうひとつは 見立ての趣味の よさ

これらが反映されているのは
原作キャラクターの モデル 私は そう思う
いたく合点したのは 2作品の主人公

ひとつは 「めぞん一刻」の 響子さん
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが 
        そのモデルは 夏目雅子さん ですよ

それから もうひとつは 「うる星やつら」のラムちゃん ですな
ラムちゃんは現代の妖精 そのモデルは アグネス・ラム
だと うかがいました

ああああ ほんとに 趣味がいい


そうそう ラムちゃんはね
そんなワケなので 子羊でも ラム酒でもなく
    ラム のスペルは LUM なのですよ RUMじゃないの
[PR]
Fumi Fumi Sta~tio~n

平野 文です ども
昨日に引き続き
完ぺきオフの一日を
「千秋」の休みに合わせて(もぎ)取りました
「完ぺき」というのは おそらくもう 当分ないと思うので
勝手ですが

今日の一曲は 私の ご機嫌リストのなかなら これ

       THE POWER OF LOVE
                   by  HUEY LEWIS &THE NEWS



HUEY の歌声も ハスキーでセクシー  いいねえ 




とまあ 本日8月15日に こんなアメリカンな曲を流してしまいました・・・・
が 正午には 黙祷いたしました
ただし こんなことしてる こんな場所ででした すんません
d0082944_22231991.jpg


     
[PR]
Fumi Fumi Sta~tio~n

平野 文です  やっぱり暑いっすね
ごきげんいかがでしょう

さて 8月は13日(日)~17日(木)まで
「築地 千秋」は お盆休みをいただいています
帰省するところのないわが家は
今日明日は 2連ちゃんで 
ゴルフ休みをいただきました

ゴルフのハナシは
ゴルフをしない人には 話すべからず 
というが 紳士的ルールだと聞いたことがありますので
内容の詳細は ここでは ナシにします 

が 私が ゴルフを始めたきっかけ というのは
テレビアニメ「プロゴルファー猿」紅蜂の声
をしていたからなのです

藤子不二雄先生主催の ゴルフコンペが あったものですのでね

で 本日は 平日にもかかわらず
ゴルフ場も なかなか盛況でした
d0082944_2217421.jpg


おかげで 昼食後の後半は
スタートから3ホールくらいまでは ちょっと渋滞
で このショットは 3ホール目で 順番待ちの一枚

ラフ芝に 寝っ転がっていた 私の「目線」

高い 夏の雲 かな

雰囲気がけっこう穏やかなので  今日の一曲は  

NEW KID IN TOWN  ぐらい いっておこう
                                EAGLES です

それにしても DON HENLEY の歌声は
なぜに あんなに ハスキーで セクシーなのだ 
[PR]
平野 文です お暑いことで・・・

昨日は「千秋 はなれ」にて 撮影があり
「三代目組」が 集結いたしました
単行本の方の「築地魚河岸三代目」に
巻末付録として載っている
「小川 貢一の超簡単! 魚河岸クッキング」の
料理撮影のためでした
19巻目用のものです
私は 仕上がった料理を 「あら きれい おいしそう」
なんて言って 試食していただけですが・・・・

様子は デジカメいたしました
どの料理も 美しかった!
公開してかまわない日取りになりましたら
掲載しますね おたのしみにね


で 本日は 午前中
TBS 10時からの生放送「サンデージャポン」に
ゲストコメンテイターとして 参加していました
初参加でしたので 番組スタッフも
初めて顔を合わす方々が ほとんどだったのですが
コミックや「嫁ヨメ」を 毎回たのしみに読んでいます と
言ってくれたのですよ

これは うれしかったなあ

つまりこれは 私にとっては
私が 
自分から惚れて 自ら飛び込んでいった
築地という 町と人 を
「私側の世界」のひとたちも 
いいね と認めてくれたことなのでね

自分の仕事 というより
自分の見立てた 「築地」をほめてもらえたように感じて
うれしかった

両親からも ほめられたという記憶が
ほとんどないので 
なおさらだったのかな

いまさらながら
ほめる というのは 
やはり ある程度 大事なことなんだよなあ

いまだって 
あれしちゃいけない これはだめよ という
否定から始まる
マイナスのしつけばっかりでしょう・・・・
これは どんどんおやりなさい などという
プラスの教育って
どれほどあるのだろう


だからじゃない?
ニュースにしたって 事故やら事件という
マイナスのものばかり

にっこりしたり ほっとしたりする プラスの話題

ほしいよね



さて 今日の一曲はね・・・・

やっぱ また クラプトンにしちゃお
                wonderful tonight    この歌詞はあこがれちゃうね


にっこり ほっと 以上の 極上の夜ですよ これは・・・・




                      
[PR]
Fumi Fumi Sta~tio~n

平野 文です
移動の足が ほとんど自家用車の私にとっては 
このところのガソリン価格高騰は
やはり気がかりですし 痛手ですねえ

それでも あの「ハコ」の中は
同じひとりでも 部屋でのひとりとは
また ちょっと違う空間なので やめられないです
ひとりでいるのは わりと好きです
本来 暗いのでね うふふ

それに 車
私は車が好きだったので 免許を取った
そういえば ついでにB級ライセンスも 取りました
って もう失効して そのまんま
かつてはカートもやってましたねえ そういえば

車に関しては まわりにプロの方々がいてくれた
という ありがたい環境でもありましたので
運転の仕方や 公道でのマナーなども きちんと教わりました
それは 私の誇りです

いまでも 運転の基本は 車の流れに乗ること
で 車のなかでなにやってんの?って 
なんにもしてないです ただ運転してるだけ
まあ その運転も 日ごろは
都内 それも 中央区 港区 渋谷区あたり
と ごく限られた通勤路みたいなエリアがほとんどですが

でも なんにもしてない
音楽も ラジオでさえ ほんとに聴かない
自分は本来 実は音楽 好きじゃないのかなあ
と思ってしまうことさえある・・・

それでね 元F1レーサーの中嶋悟さんに
初めてインタビューしたときに
思い切ってお尋ねしたのですよ


平野 「あの 中嶋さんは プライベートで公道を運転なさるときには
     どんな音楽を 聴いていらっしゃるのですか」
中嶋 「う~ん なにも聴いていませんね」
平野 「え!? ・・・・それはどうして」
中嶋 「まあ ハンドルを握りながら 振動とか エンジン音
     風を感じたり・・・・」

ねえ  
むろん私は こんなカッコよくないですよ ぜんぜん

築地に嫁ぐ前の6年間ぐらいは
RX-7(MAZDA)を2台乗り継いでいました
これは音漏れもするし ボックスも小さかったので
CDやカセットを積んでいなかった
その後の車は(いまので3台め)
CD機能はついてない 聴けるのはカセットだけ
音楽を聴きたくなる環境ではないね へぼいなあ

ですからいまの車には ほんとに保険みたいに
カセットを一本 入れっぱなしにしてあります
高速走るときなど ほんとに退屈してしまったとき用
そのカセットは
どれほど突っ込みぱなしだったか
記憶にないほど かつてのものですが

わたし このヒトが ミュージシャンのなかでは やはり どうしても 一番好きだ
もお かけちゃうよ 今日は



   愛しのレイラ  by エリック・クラプトン   ぜっったいはずせません
[PR]
ビッグコミック 8月25日号
嫁ヨメコラム #25・番外編



たとえば 河岸で
 オオモノ ギョーカイ とか
 トクシュモノ ギョーカイ といわれたなら
頭に浮ぶ漢字は?

漢字というより それは「感字」 かなあ
私は ちょっと へ? とは思いながらも
「大物業界」  そして  「特殊者業界」 だと感字た

やっぱり なんだか 河岸はすごいところなんだわ・・・・
と思いながらね
で これが いたってノーマルな発想でしょう
そう 思っていたのですよ

ところがさあ 河岸ではね
オオモノは 大物なのですが 
トクシュモノは 「特殊者」 ではなく  特種物 だった
そしてギョーカイは 「業界」 では なく 業会 だったのでした

う~ん こっちの方が 特殊っぽいけどなあ(苦笑)


で いずれにしろ 「大物業会」 「特種物業会」 というのは

河岸の仲卸業(魚問屋)の組合が
それぞれの仲卸の店々を 
それぞれ扱っているさかなの 種類別に分けた言い方なのです

となると
「大物」というのは 文字通り おおきいもの
で マグロ
ですから「大物業会」とは 
マグロを専門にあつかっている店の集まりなのです

「特種」というのは 特別な種類 のさかなのことです
ですから 「特種物業会」には
寿司だね専門の店だったり
料亭やレストラン用のさかな
すなわち 一般小売店に卸すさかな とは 
ちょいと違った種類のさかなを 扱っている店 などが
集まっているわけなのです

そこで この 写真 
コレ 特殊だと思うのよ
でも河岸では ちっとも 特殊じゃなくって
この傷を見て ああ 夏だなあ と感じる旦那さんも いるらしい

d0082944_4553161.jpg



この手は 特種物の大旦那さんの右手
傷をつけたのは ハモよ  生きたハモ!
箱に入っていたって 生命力が強いものだから
たくましい たくましい
そのうえ その歯は 鋭利で
とにかく 獰猛(どうもう)なので

ひょいと 手を引いたら 
「あいつ ガリっとかじりやがって アノ野郎」 だったそうで・・・


夏の風物詩? トクシュモノの ハモの手傷 @魚河岸

ついでながら この かじりやがったハモは
超高級料亭として名高い 吉○様 からのご注文分だったそうです

いったい どこのお偉いさんの口に入ったのだろう
まさか かぶりつきは しなかったでしょうけどもさ
[PR]
Fumi Fumi Sta~tio~n

平野 文です 
さあて さてさて みなさま
残暑お見舞い 申し上げます

   甲斐よしひろ の ヒーロー 流れてるよォ

ごきげんいかがでしょうか

さっそくに
平野文のDJ blog
初日から たくさんのみなさまに アクセスしていただき
とても うれしかったです
ありがとうございました
それから コメントも! いやあ 深謝!
初回ですし せっかくですから 
コメントをくださった方々の
お名前だけでも ご紹介させてください ね

えっと まずはねえ・・・
てんびん座さん
tarosさん
コメント ありがとうございました
おふたりとも ラムちゃんファンね
フーテンの中さん
美しき時間差さん 39!
それからねええ
あらひでさん
そして
723広瀬クン 
あら 広瀬クンは連日くださってるわよ 39 39
みなさま
千秋にいらした折に 私がいたら
どうぞ お声をかけてくださいね

あ そうだ 築地千秋はねえ
8月13日(日)~17日(木)まで お盆休み
させていただきます ごめんなさいね
この場をかりて お伝えさせていただきます
どうも どうも・・・

ええと それから 
ちょこさんは海外からいただいています
あっりがとうございます
でも ちっとも遠い感じがしませんね
そして
りんたいさんは・・・
へえ
私の高校の同窓なのね 都立富士高校
shimikenさん
コメントに 私の同期だと書いてくださってますよん
ありがとうございました



そして
西東京の西山ばななさんは・・・
うひょ~ ありがとう
さっそくに リクエスト曲も書いてきてくれました
やりますなあ
えええと 沢田聖子さん落葉の部屋です

とはいえ ただいま 猛暑の真っ盛りよ
どうしましょう
う~ん でもね 一応 立秋は 過ぎてはおりますし
記念すべき 初リクエストだしなあ
お答え いたしましょお
 
沢田聖子さんね 
いまやグッと おとなっぽくなって
でも 清楚な感じは かわってないですねえ
この曲はシングル「春」のB面でしたが
いまは 彼女のHPタイトルにもなってますぞ

では・・・
西山ばななさんのリクエスト
おききください 沢田聖子さん 「落葉の部屋」  どうぞ



てな感じでね  リクエストの一曲 を ご紹介いたしました



さ・て・
私は いま自分が どんな仕事をしているとか
誰それに会って・・・なんてなハナシは
あまり他言はしないのです が
今後は
ここでは ときおりね ご報告・ご紹介を いたしますね

で さっそくなのですが (さっそくに 図々しいね) 
昨日ナレーション録りをしながら
あ この番組は みなさんに みてもらいたいなあ
というものだったので ご紹介させてください
といっても ひとまずの放映が 今夜なのよ
ご覧いただけるかしら 再放送や海外放映もあるようですが・・・


NHK総合 「江戸の頭脳に挑戦! その二」
8月11日(金) 19時30分~20時39分


江戸の人たちの ウィットと創造力が生み出した
粋な「遊び心」の集結番組 かな
感服ものの「お座敷芸」やら
ドッキリの「もどき料理」
大流行した 日本初のアニメーション「写し絵」 などは
私は本番中でも 思わず画面に引き込まれてしまって
原稿読むのを 忘れちゃったのが 何度かあったほどでした

いずれにしろ 私は
ナレーションの仕事は 好きなのですよ
ナレーションというのは
編集も 音楽も 効果音も テロップも
すべて作製済みの後に録音するものなので 
番組の 最後の最後 仕上げのスパイス
のようなものなのです
その番組を 生かすも殺すも ナレーション次第
ともいえるのですね

でも 地味なの
で そこが いいのよねえ
こういう 裏方の仕事が 私は好きなんだなあ
表舞台に出ない というタイプ

声優も 文章書きも 
ついでに 魚河岸のおかみも
どれも 裏方志向でしょ
だからどれも 私の性に合っているわけなのです


今後も そういった
地味~で 暗くて 重~い仕事を
続けて生きますので
楽しみ~にしててね   でへへ


では せっかくですから 暗~い一曲ね
井上陽水  傘がない


コメント 待ってま~ス       Fumi Fumi Sta~tio~n じゃね
[PR]
平野 文です
深夜放送のDJ時代に 
「文さん 今度アニメの声を演ってみたらどうですか」
というハガキを リスナーからいただいたとき
(あ できるかもしれない)
と さしたる根拠もないのに そう思ってしまった

なぜ そう思ったのだろう・・・?

当時はね そんな なぜ? なんて
自己分析する習慣はなかったです なにしろ感覚だけでやっていましたから 
が いま思うとね
う~ん なにかが あった やはり・・・
 
私のDJデビューは 17歳で
それ以来 ラジオ イコール 声を使う仕事 が大好きになりました
何が好きって まず
マイク対ハガキで キャッチボールができることの 愉しさね
これは たのしいのですよ 実に 

それから 音楽がかかってからの イントロ紹介
コレが むちゃくちゃ 好きだった たのしいというより ホントに好きだったなあ
だから 
二十歳のときから始めた コマーシャル・ナレーション
これも やり甲斐抜群だったのです

で イントロ紹介と CMナレーション このふたつは本気で好きだったので
「アニメの声」 というのも (あ できる)
感覚的に そう ひらめいた・・・
いま「考えて」みると そんな感じかな

つまりねえ この3つは 同じなのですよ 技術が・・・
イントロ紹介の 秒数
CMナレーションの 秒数
そして
アニメの いわゆる「口パク」のサイズ(秒数)

この3つに共通することは
きめられた秒数内に きめられたコメントを
自分の技量をやりくりして おさめる これ なんですね

そして その美しさの決め手は 上げどき

たとえば 15秒のイントロなら
14.5秒に しゃべり終える 14.7秒でも 14.8秒でも 美しくない
そのコメントを聞いている人に
気持ちよく 聞こえない すわりが悪い

その 残り 0.5秒を 残して コメントを読み終える 
その 上げどき の技術
それができていると 聞いていて 美しいの

だから わたしが アニメをやろう と思い立った動機というのは

アニメ(動画)や漫画が好き というよりも
声だけで 色々な役柄になれるのが好き なんていうよりも
アニメのあの「口パク」に 綺麗にセリフを入れ込む 作業
それ 愉しそうだなあ・・・・  これでした

いずれも 演技力以前にまず 反射神経ありきでね
ですから私にとっては いまでも

       アニメは スポーツだ そう思っています
      
とまあ 当時
そんな ちょっと異端な動機が 固まったところで
アニメの声をやってみたい という その意志を 
当時の事務所のマネージャーに 伝えたのでした

伝えたのです
ところが
伝えたところ 
そのマネージャーの返答というのが・・・
信じられないことに

まっっったく 予期せぬ ものだったのですよお・・・

ええっ!? そ そんなあ・・・・



                             どうする!? オレッ つづくぅ・・・
[PR]
@千秋 はなれ
d0082944_2334810.jpg


このまかないご飯が 
なんだか 店で食べるような 昼定みたいに見えるのは
ひとえに 白い横長皿の 三点盛りおかずのせい
食器の「景色」のせいでもあるけれど
コレ ほんとに 本日の昼定で出してたおかずだわよ
サラダ 卵焼き 煮物

お客様にお出しする「商品」も 
こうして まかないなどで 従業員全員が口にするよう
厨房が気遣う
私もこれらの味は知っているので お客様に
自信を持ってお薦めできるし 説明もできる

で どれも 千秋らしい と私は思う

三点盛りのうち まずね 左のちょっとサラダ  
具は 見たとおり 水菜 アボカド トマト そして マグロなのですが
あえてるドレッシングがね 
レモン汁とサラダオイルがベースは なんてことないのだけれど
塩気を出すのに使っているのが 背黒イワシの魚醤(ぎょしょう)なの
塩気も味も 強いから ほんの少々ね
でも お客様のなかには 気づく方もいらっしゃいます
なんか 知らない香りがする・・・と
アボカドのこってりと 上手くからんでいる感じ

おもしろいのは コレ 素材の 切り方と盛り付けを 替えると
イタリアンの マグロのカルパッチョになるのよ
イワシは アンチョビですからね うふふ

真ん中の卵焼きは 築地場外の松露(しょうろ)製
ここの卵焼きは 卵の黄身が 見事に黄色い
松露用の養鶏場があって えさがいいのだわ
松露さんから たまにその 生の卵をいただくの
そしたら当然 生卵かけご飯でしょう
鮮やか黄色で かなりうまいス

そして 長皿の右端
サトイモの煮っ転がしの手前の おたふく豆
あしらいもののひとつ
夜も 焼き魚の皿に 箸休めのあしらいものとして 
ちょいと添えて出している
こういう「お金のとれる味」を口にすると
プロに敬服
とりわけ こういうちょっとしたものがそうだと
なおさらグッときちゃう
もちろん他店でも 何度も 同じ体験をしています

さてそれから 左のどんぶりサラダね
イカは 大きいゲソは あおりいか
かくれて 剣先イカのゲソもある
「水菜を使い切りたいどんぶりサラダ」だったのかな

で 豆腐は 能登の総持寺門前町「手仕事屋」の
星野の親父さんが 前夜能登から
ぶら下げて来てくれたもの
味はいわずもがな ありがたみも加味されて 一層 ね
おくらと はながつおもいいけど このつぎは
豆腐は 塩とゴマ油で  これもイケるよ


とまあ このまかないは テーマは夏 ですかね 
[PR]
みなさま お待たせいたしました~
いよいよ 始まりましたよォ
平野 文のDJ blog  Fumi Fumi Station

ありがたいことに みなさまから
ブログ開設のリクエストを いただいておりました 
お年賀状に始まり
お目にかかったときなどにも!
そして直近では 8月3日号の 週刊文春に
「ハガキの宇宙」と題して 深夜放送時代にいただいた
リスナーの方々からの ハガキの思い出を綴らせていただきましたところ
ラジオを媒体としての キャッチボールを懐かしむお声も
いただきました ありがとうございました

それで
後押しをしてくださる方々にも恵まれ
このたびの DJ blog 開設の運びとなったのでした
さあて これから みなさまと
なにをこしらえていきましょうかね
「ハガキの宇宙」転じて ここでは
「ブログの宇宙」が 展開されるわけで・・・・ 
う~ん たのしみだなあ


な・の・で 
ここでさっそくの opening の 一曲を! えへへ

やっぱ コレかな
南佳孝 憧れのラジオガール  でしょう


なあんてさ
いかがでしょう DJ blog らしく 今後も
ほどよきところで 一曲選んでいくことにして・・・・

さあ この Fumi Fumi Station は 全体を
4つのコーナーに分けて進行していきます
それぞれのコーナー・コンセプトを
どうぞ 参照してくださいね
ここでしか できないことを
みなさまとご一緒に展開していきましょう
みなさまからの
おハガキがわりの コメント リクエスト など
各コーナーあてに お待ちしております

私は相変わらず マイペースに進行していきますが
どうか いろいろ よろしくお願いいたしますね



で 今日は 初日ですので  もお一曲!
これ
いとしのジュリエット by カラパナ   夏だからね! うふふ



ジングルは Fumi Fumi Sta~tio~n  感じでしょ よろしく!
[PR]