10月23日(月) うる星やつら ラムtalk(5) DJと声優③

Fumi Fumi Sta~tio~n  平野 文です ども

さあ今日は「ふみの日」ですから その話をしましょうか

当時私の「走れ!」を そのころ東京郵政局にいらした中林さんとおっしゃる方が 
偶然 聴いてくださっていてね
折りしも 郵政省の毎月23日はふみの日です のキャンペーンが
展開されようとしていた時期だったのね
それからほどなくしてですよ 私が4月23日生まれで DJもやっているということで
番組ごと イメージ・キャラクター みたいになったのでした

顔と声 思い浮かべて書く てがみ  (このコピーまだ憶えているわ)

これがタイトルになって 1980年前後(だったと思います)の7月(文月)23日(ふみの日)に
郵政局タイアップで 初の 番組公開イベントを 新宿・野村ビルで開いたのでした

それ以来ですよ ラジオの向こうが はっきりとイメージできるようになったのは

当日は ありがたいことに大人数だったのだけれど 一人一人との握手を名目に
名前を名乗ってもらったのです  するとね ハガキの字面と顔とが 見事に一致 
したのですよね  字にもお人柄が出るのかなあ
あの「初対面」の感動は 悪いけど私の独占だったな
みなさんの方は逆に 私の 顔を声とを 一致させてたのかな エヘヘ

いまどきもね やっぱり メールなどのやり取りだけで 
互いが理解し合ってているのだと 100% 信じるべきではないと 私は思うよ
なるべく直接会って 面と向かって「会話」をするべきだと 思う
恋愛でも 仕事でもですよ

さて その後の「ふみの日」ですが
関連のイベントは 変わらずタイアップのような感じでしたので
また みんなと会えたり 私は一日郵便局長も数局 拝任させていただきました
築地に嫁いでからは 直近の 京橋郵便局も です
ついでながらイベントとして
小川サンとふたりで 1階のフロアで魚河岸クッキングもさせていただいて・・・

さて 当時のハナシ 「ふみの日」のおかげもあり 毎週のハガキも絶好調
するとなかから ファンクラブをつくりましょう という声が
数多く 届くようになったのです どうもありがとう
けれど私は ファンクラブなんて反対 だったのです
私は 私に対しての ファンという言葉も立場も違う と思った

たとえば私自身が 「ヤンキースの松井選手のファンです」 はOKなの
それは あきらかに 相手と私の立場が違う 上下関係が生じていることもOK それでいいの
でも こと私のDJ番組に限っていえば
書く人 と 読んでしゃべる人 とは 横一線だった 立場は同等だったのですよ
けれども ファンクラブの ファンという言葉には 明らかに上下のにおいがする
それがイヤだった それはリスナーと私の間には あってはならないこと!
なぜなら 当時の私の深夜放送は 全員で 番組をこしらえていたから なのです

ほんとにありがたいのですが
「私は ファンクラブFC というものをつくることには ちょっと抵抗が・・・」
ラジオの向こうにむかって そう言った    いまでも憶えています      

「だからね・・・」             (つづく)
[PR]
Commented by オリオン哲也 at 2006-10-24 01:19 x
あれ〜文さんはFFCに反対だったのですか?知らなかったな。
>初の 番組公開イベント
手元に23SEP1980発行FFC発足記念号FUMINESSが残っておりましたー!!文さんの写真も!私はこの公開放送には参加できなかったけれど、確か高田馬場Bigbox?で行われた公開放送を見に行きましたっけ。その時、文さんにインタビューされて舞い上がったのを覚えております。
すいません、なんか私的な話で。でもFFCは解散してないですよね?!
Commented at 2006-10-24 02:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おゆき at 2006-10-26 22:29 x
初めてこのコラムをみて驚き またお元気にされていると思いうれしく思います。
今後ともチェックいたしますのでよろしくお願いいたします。
Commented by 5枚下ろし at 2006-10-27 08:12 x
゛FFC゛それは、かけがいのない゛心゛の宝物。
必然的に出会った人達心の落ち着く気負いもないいい環境でした。
何十年とたった今でも゛文姉好゛という言葉が好きです。

゛文タイムは再びの約束゛あの時の言葉が今甦ります。本当じゃんって!
今また様々な出会があるのでしょうね!